プチ整形の話

施術を受ける女性

注射でプチ整形

「ちょこっとだけ変えることが出来たら、銀座の街を大手を振って歩くことが出来るのに……」と、鏡の前でくやしい思いをしている人もいるに違いありません。まだまだ若さはある。致命的といえるほど醜いわけではない。ただ、もう一歩、あと少しだけ変えたい部分がある。そしたら、銀座の街を楽しめる……。そんな、「あと一歩」を求める人たちのためにあるのが、美容整形の中でも特に「プチ整形」と呼ばれているものです。その名にたがわず、プチ整形で使われているのは、注射器などのソフトな器具。メスや縫合糸などのハードな器具や、レーザー装置などの大型のアイテムなどは使われません。「あとちょっとキレイにしてくれる」という効果を持った成分が、注射によってカラダの必要な部位に駐車され、美肌や小顔、部分痩せなどが出来るのです。時間も掛からず、入院の必要もありません。

美肌と小顔、部分痩せ

銀座に軒を連ねる美容整形のクリニックには、美容整形のために朝訪れて、昼前には帰るという人が多くいます。帰りには銀座の有名ショップを見たり、カフェでお茶を飲んだりして、まるでさっきまでクリニックにいたとは思えないほどなのです。美容整形のクリニックでは、お肌のハリや瑞々しさを取り戻すためのヒアルロン酸、筋肉を柔らかくして突っ張った顔のエラの部分を小さくする効果があるボツリヌストキシン、不要な脂肪だけを分解してくれる働きのある脂肪溶解剤などを注射し、美肌や小顔、部分痩せを可能にしています。「なりたい私」にあと一歩で届く、という人に、プチ整形はオススメなのです。